巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

“アジアのノーベル賞”マグサイサイ賞受賞の石澤教授 記念講演会を開催

2017年11月13日 11時15分
ラモン・マグサイサイ賞を受賞した石澤良昭教授による記念講演会(上智大学提供)

11月6日、「アジアのノーベル賞」と呼ばれるラモン・マグサイサイ賞を受賞した石澤良昭教授による“受賞記念講演会”が上智大学で開催された。講演会では、アンコール・ワット遺跡群の保存修復に取り組んできた活動などを中心に、石澤教授が行ってきた取り組みについて紹介された。

マグサイサイ賞とは?


フィリピンのラモン・マグサイサイ大統領を記念して創設された賞で、毎年アジア地域で社会貢献などに傑出した功績をあげた個人や団体に対し、ラモン・マグサイサイ賞財団から贈られるもの。これまでにインドの故マザー・テレサや元国連難民高等弁務官の緒方貞子氏らも受賞しており、昨年は国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊が日本の団体として初受賞している。

長年に渡ってアンコール・ワットの保存修復を行う


アンコール・ワット

石澤教授は、2017年8月31日にマグサイサイ賞を受賞。長年に亘るアンコール・ワット遺跡群の保存修復および同遺跡を守るカンボジア人専門家の人材養成に尽力したこと、そしてその貢献によってカンボジア人が自国の固有文化遺産に対する誇りを取り戻すきっかけを与えたことなどが高く評価された。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    タオパイパイ

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!