巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

3

ハトに愛されすぎて困ってます 住宅街に集う鳥類の習性について専門家に聞いてみた

ライター情報:田幸和歌子
「デデーッポポーッ、デデーッポポーッ」(画像はイメージです)

毎朝6時。

「デデーッポポーッ、デデーッポポーッ」
目覚まし時計の音よりも先に聞こえてくる、あの声。そして、カチカチいう爪の音。

イヤな予感がして窓を見ると、やっぱりいた。ガラス戸を隔てた狭い窓枠のところに、数羽のドバトがみっしり座っている。

都心の中高層マンションの8階、それも、身体を真っすぐにした状態でははみ出るような狭い窓枠に、なぜわざわざ?

腹が立ち、身体を横たえたまま腕を伸ばして、窓をドンッと叩くと、飛び立った。

しかし、慣れというのは怖いもので、これが連日になってくると、寝たままの窓ドンッくらいじゃ驚かず、立ち上がって窓を強く叩かないと、スルーされるようになった。
しかも、「やれやれ」と再び体を横たえると、またやって来る。我が家に窓ドンされた後は、いったん向かいのマンションあたりに一時避難し、機会をうかがって戻ってくるようなのだ。

ドバトに毎朝起こされるのも癪に障るし、休憩所にされる窓枠は当然、フンで汚れるし、たまったものではない。
そう思っていたところ、同じマンション内の同じ向きの部屋の人達が、同様の悩みを抱いていることを知った。


エサをあげる人のせい?


思えば、今から8年前、2009年にもハトに悩まされ、ハトの記事を執筆したことがあった。
当時、対策として、マンションがベランダ側全体にハト除けネットを張り巡らした。これが功を奏して、ハトは来なくなり、その存在も長いこと忘れていたのに……。
なぜか8年ぶりに思い出したらしいハトたちは、今度はネットが張られていない、別の狭い窓枠のほうに再びやってきて、そこからは毎朝通ってくるようになったのだ。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2017年11月25日 11時05分

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    マンション屋上は住人の立ち入り禁止だけど平屋で居心地よいからだよ。民家や商業ビルは屋上も誰かしら利用するからね。

    4
  • ダックスくん 通報

    鳩は、赤いものが嫌いです。赤い布を、棒の縛り付けて、左右にふってください。

    1
  • 匿名さん 通報

    うちの近所は田舎だから低いマンションの屋上にサギが巣作ってるw

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!