巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

マレーシアのマクドナルドは「おかゆ」がメニューにある

ライター情報:さっきー
マレーシア・マクドナルドのおかゆ「ブブ・アヤム・マックディー」

世界最大の外食チェーンのマクドナルドは、マレーシアでは「マックディー(McD)」、ケンタッキーフライドチキンは「ケーエフシー(KFC)」と呼ばれている。こうしたファストフード店は、日本と同じくショッピングモールには必ず1店舗以上は入り、高速道路沿いや街中にもあって、気軽に立ち寄るお店として浸透している。同じファストフード・チェンでも、日本とマレーシアでは異なる点はいくつかある。

日本と比べて商品の値段は?


まずマクドナルドを例に、日本とマレーシアで値段を比べてみよう。日本のダブルチーズバーガーセットが640円に対し、マレーシアの同商品は14.70リンギット(約400円)だ。屋台での食事なら8リンギット(約220円)も出せばおなかいっぱいになることを考えると、マレーシアにおいてマクドナルドは少し高めの設定だ。

クアラルンプールのショッピングモール内にあるマクドナルドにおける社員の月給は、フルタイムで1240リンギット(約3万3900円)ほど。この数字を見ても分かるが、すべての国民にとってマクドナルドが手ごろな値段というわけではない。しかし、経済成長率や消費者物価の上昇が凄まじいマレーシア(日本貿易振興会ジェトロによれば、実質国民総生産GDP成長率が1%の日本に対しマレーシアは4.2%)は中流階級層が急激に増えおり、この値段設定でも大いににぎわっている。


マレーシアならではのご当地メニュー


マレーシアのマクドナルドには、ブブ・アヤム・マックディー(Burbur Ayam McD)という鶏肉のおかゆがある。マレー語でブブ(Bubur)はおかゆ、アヤム(Ayam)は鶏肉という意味だ。味はショウガがほどよく効いていて、味付けはしっかりとされているが、食べてみるとあっさりしていて胃に優しい。

このおかゆは、常時メニューにあり、S・M・Lの3種類からサイズを選べる。子ども用のハッピーミールにもこのおかゆはあるため、小さな子どもでも注文しやすい。マレーシアでは揚げパンをおかゆにつけて食べる習慣があるが、この揚げパンも必要であれば注文できる。広東語が現地華僑の共通語になっているマレーシアでは、揚げパンは広東語のチャコイ(Cakoi)という名前でマクドナルドのメニューに載る。

その他にサイドメニューには、ココナッツミルクから作られるマレーシアの名物ジャム、カヤ(Kaya)ジャムや、ドリンクメニューに豆乳があることも、マレーシアの食文化を反映したユニークな点だ。甘いものが好きなマレーシア人は、ソフトクリームだけを購入することも多い。混雑を避けるため、デザート売り場だけが入口近くに別途独立していることもある。
メニューに掲げられたショーユケン・ライスボウル

一方でケンタッキーフライドチキンには、ショーユケン・ライスボウル(Shoyuken Rice Bowl)という、マレーシア独自の商品が存在する。ごはんの上にフライドチキン、サイコロ状のきゅうり、トマトが乗っていてしょう油味のソースがかけられた、どんぶりのようなものだ。ごはんではなく、マッシュルームスープとマッシュポテトの上にフライドチキンを乗せたものもある。

ライター情報: さっきー

二足も三足もわらじをはく♪ 元警察官→国際交流イベント運営、日本語教師、通訳コーディネーター、ライター、旅人。2011年~マレーシア在住。滞在経験を通して多民族マレーシアの魅力を伝える。

URL:PRESSEIGREK

2017年12月17日 11時00分

コメント 1

  • にゃんたろう 通報

    おかゆ食べたくなりました~(*^-^*)

    4
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!