巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

3

30年前に埋めたタイムカプセルが開くところを見に行ってきた

日曜の昼下がり。広い校庭に、30~40代の大人たちが鈴なりになっている。みんな嬉しそうだ。自分の名前を呼ばれたある男性は、人々をかきわけ、ある物を手にし、照れくさそうに掲げた。


地元の地名「豊四季(とよしき)」と書かれた習字紙を手にしているのは鈴木祐次さん。これは30年前の小学校5年生のときに自分が書いたものだという。今は習字とは縁遠いと語り、「意外と、字、上手かったんだな」と当時の自分を振り返っていた。
こちらの近藤大介さんは、元校長に「小学校の頃は習字の大家だったが暴れん坊だった」と言われて笑っていた


千葉県にある柏市立柏第二小学校。今年130周年を迎える歴史ある学び舎だ。ここで、さる11月26日に行われたのが、「タイムカプセル開扉(かいひ)式」 。あの日の自分に再会できる記念日だ。

開校100周年記念に埋めたタイムカプセル


30年前の1987年11月7日~8日に行われた100周年記念式典の際、全校生徒1,500人以上が思い出の品を入れ、タイムカプセルとして入れたという。それを今、開けるのだ。
 
タイムカプセルが埋まっているのは、校門にほど近い少年少女の銅像の下。それを支える台の黒いプレートの中だという。


午後2時過ぎ、開扉の作業が始まるころには、銅像の周りに人だかりが。


この日集まったのは、学校のホームページや回覧板、友達からの連絡などでこのイベントを知ったおよそ400人超。入れたものを覚えているか聞いてみると、「何を入れたのか覚えていない」「『30年後の夢』について書いた気がする」「『キン消し』出てくるといいなあ」など、一様に何が出てくるのか楽しみといった印象だった。

ライター情報: 内堀たかふみ

放送作家・ライター。ご用件のある方はutf0222@gmail.comまで気軽にどうぞ。

2017年12月13日 08時00分

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    素敵すぎる★

    2
  • 匿名さん 通報

    幸せな人生を送ってください。

    1
  • 匿名さん 通報

    30年前なんてつい最近やん

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!