巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

3

春画と妖怪画のイメージが変わる? 描かれた「わらい」と「こわい」展

2018年10月12日 15時30分 ライター情報:丹野加奈子/イベニア
京都・細見美術館で〈日文研コレクション 描かれた「わらい」と「こわい」展 春画・妖怪画の世界〉が2018年10月16日から開催される。

春画とは、あらゆる性の交わりを主題に描いた浮世絵の一ジャンル。近代化以降、その主題から国内では長らくセンセーショナルな存在として公に展示されることは避けられてきた。

しかし、2013年にイギリスの大英博物館で〈春画展〉が開催されて以来風向きが変わり、国内でも2015年に永青文庫、2016年には細見美術館で関連の展示が行われ大きな話題となった。

春画に関しては同館で2回目の展示となる〈描かれた「わらい」と「こわい」展〉。(以下、〈「わらい」と「こわい」展〉)前回とは違うのは、春画と一緒に妖怪画も展示されていることである。

なぜ春画と妖怪画なのか? 「わらい」と「こわい」というタイトルの言葉にはどんな意味があるのか? 細見美術館と共にこの展示を主催し、総数150点もの作品を出品している国際日本文化研究センター(以下、日文研)特任助教・石上阿希さん、プロジェクト研究員・木場貴俊さんにお話を聞いた。

絵師不明「地獄草紙絵巻」(部分)国際日本文化研究センター


固定観念を覆す こわい春画、わらえる春画


――わらい、こわい、とひらがなが続く愛らしい題名に絶妙なニュアンスを感じます

石上さん
「わらい、こわい、というそれぞれの言葉をとってみても『笑い』、『嗤い』、『怖い』、『恐い』などニュアンスの異なる漢字表記があります。本展覧会では、このふたつの言葉が持つさまざまな意味合いを春画と妖怪画で見ていただきたいという意図があり、ニュアンスを特定する漢字表記を避けました。

『春画』、『妖怪画』と聞いたときに思い浮かべるイメージとは異なるであろう、『わらえる妖怪画』、『こわい/わらえる春画』など、これまでとは違った側面に光をあてることで多くの人に興味を持ってもらいたいと思います」

〈「わらい」と「こわい」展〉では、春画の物珍しさや面白おかしさだけではなく、浮世絵や絵巻の世界の魅力や奥深さをも伝えている。いくつか興味をひかれる作品をご紹介しよう。

初代歌川豊国『絵本開中鏡』。男性のお相手は、骸骨!? 悪夢でもいいからせめて夢であってくれ! と願ってしまう。

初代歌川豊国『絵本開中鏡』(部分)国際日本文化研究センター


続いて鈴木春信「風流座敷八景」。愛し合う二人は背後の障子から覗く人影に気づいてないのか、それともワザと見せつけているのか……?

鈴木春信「風流座敷八景」(部分)国際日本文化研究センター


――春画とは近世の人々にとってどのような存在だったのでしょうか? 

石上さん
「一人でこっそり楽しむ、他人と体験を共有する、どちらもあったと思います。肉筆春画は依頼主が絵師に注文する高級なもの。一方で版画や版本はそれに比べれば手に入りやすい値段でした。

艶本の流通経路のひとつが『貸本屋』と呼ばれる本屋。購入するよりも安い値段で楽しむことができました。借りる日数や、新刊、人気ジャンルなどで値段が変わるなど、現在と似たシステムで多くの人が艶本を読んでいました」

―― 絵師にとっては、(華のある)大首絵や美人画といったジャンルではない、「わらい」と「こわい」の要素の作品を描く上でのモチベーションはどこにあったのでしょう?

木場さん
「もちろん生計を立てるためもありますが、そのためには作者としてのオリジナリティと購買層の求めるものが一致することが大事です。読者が要求するテーマからいかに独創性を発揮できるかが、絵師の腕の見せどころだと言えますね。

『わらい』や『こわい』の要素は、人間の感情を揺さぶるものであり、どのような構図が人の感情を揺さぶるのか、そうした実験的要素もアーティストには必須かもしれません」

絵師たちは上記のような“実験”を繰り返すことで、「わらい」や「こわい」の要素をダイレクトに作品へと反映させ、今日に伝わる豊かな作品世界を築き上げた。その点で今回最も注目を集めていると言っても過言ではないのが、どちらも初公開となる「妖怪春画絵巻」・「俳諧女夫まねへもん」の2作品だ。

「妖怪春画絵巻」は江戸後期に描かれた作品で、絵師は不明。性器を顔にかたどった妖怪や幽霊が描かれた肉筆絵巻で、春画表現の中に幽霊や妖怪を取り入れた最初期の作品とされる勝川春章の『百慕々語』をベースとしている。

続いて磯田湖竜斎「俳諧女夫まねへもん」は、まさに“わらい”を誘う春画の代表格。浮世草子、浮世絵で題材・画題として描かれてきた「豆男もの」のひとつで、仙薬などによって身体が小さくなった男と女がさまざまな閨房(けいぼう)をのぞいて色道修行をするという趣向の作品である。

磯田湖竜斎「俳諧女夫まねへもん九」(部分)国際日本文化研究センター


「豆男もの」に限らず、空想、誇張、わらいは江戸時代の春画の特徴でもあり、同展覧会ではそのような春画もいろいろと紹介されるとのこと。

ひと口に春画と言っても、艶っぽいものから面白おかしいものまで千差万別。長らく春画を公の場で展示することはタブー視されてきたが、ようやく時代が春画に追いついてきたという状況だ。

今後の研究の結果次第では出品リストに名を連ねる歌川豊国、歌川国芳、葛飾北斎といった著名な浮世絵師達のみならず、まだほとんど名を知られていない絵師の活躍が再確認される可能性もあるはずだ。

ちなみに、絵巻などは無名の作家によるものも多いため、石上さんのおすすめの鑑賞法は作者名にこだわらず各作品を鑑賞することだという。

関連キーワード

ライター情報: 丹野加奈子/イベニア

1988年生まれ。制作会社等での勤務を経て、フリ ーライター。お菓子と教会美術、少女漫画の話をすると止まりません。

「春画と妖怪画のイメージが変わる? 描かれた「わらい」と「こわい」展」のコメント一覧 3

  • 匿名さん 通報

    この手の作品を検索すると、よく海外のサイトにたどりつく、それだけ海外での評価は高い

    5
  • 匿名さん 通報

    要らん!!

    3
  • 匿名さん 通報

    艶やかにまいりましょう

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!