0

メルセデス・ベンツのベストセラー「C63 AMG」を今こそ振り返る

2014年10月12日 07時54分 (2014年10月14日 06時52分 更新)

メルセデス・ベンツの先代W204型『Cクラス』をベースにしたハイパフォーマンスモデル、メルセデス『C63 AMG』の世界累計販売台数が4万台を記録した。これまで販売されてきたAMGモデルの中で最多販売モデルとなる。

9月24日にW205型をベースにした新型「C63 AMG」が発表になったが、ここではAMG史上最多販売を誇る先代「C63 AMG」を振り返ってみたい。


初めてV8エンジンを搭載した『Cクラス』ベースのAMGモデルは、1997年に発売されたW202型をベースにした『C43 AMG』まで遡る。それまでは3.6リッター直列6気筒エンジンを搭載していた『C36 AMG』は、ノーマルモデルのマイナーチェンジに合わせて『C43 AMG』へと進化した。その後、『C55 AMG』『C63 AMG』と、『Cクラス』の最上位モデルには常にV8エンジンが搭載されてきた。どのモデルもメルセデスAMG社のブランドスローガンである“ドライビングパフォーマンス”を具現化してきたモデルといえる。

2007年、メルセデスAMG社の創立40周年のタイミングでデビューしたW204型をベースにした『C63 AMG』は、ハイパフォーマンスサルーンの新しい基準を打ち立てた。搭載された6.3リッターV8エンジンは最高出力457PS、最大トルク600Nmを発生。0−100km/h加速は4.5秒(ステーションワゴンは4.6秒)、最高速度は250km/hでリミッターが作動する。過給機を装備しない自然吸気エンジンとしては、他の追随を許さない圧倒的なパフォーマンスを誇った。トランスミッションは『AMGスピードシフトプラス 7Gトロニック』と組み合わされる。

2009年より設定となった『AMGパフォーマンスパッケージプラス』を組み合わせると、最高出力は487PSへアップする。2011年1月に実施されたアップデートでは、内外装を一新し、走行性能と燃費効率を同時に向上させたトランスミッション『AMG スピードシフトMCT』が搭載された。同時にセダン、ステーションワゴンのボディ形状に加えてクーペも新たに加わった。さらに同年、最高出力517PS、最大トルク620Nmを誇る『C 63 AMG クーペブラックシリーズ』も発売となった。

2012年には、年間およそ8,000台の販売を達成。そして2013年には、『C63 AMG Edition507』が発売。ボディ形状はセダン、ステーションワゴン、クーペの3タイプ。『SLS AMG』のエンジン開発から生まれたた鍛造ピストンやコンロッド、軽量クランクシャフトの採用に加えて、熟練のマイスターによる専用チューニングを施すことにより、最高出力507PS、最大トルク610Nmを実現した。さらに、0-100km/h加速では4.3秒を達成した。

世の中のダウンサイジングの流れには逆らえず、大排気量自然吸気エンジンの歴史はW204型『C63 AMG』をもって幕を閉じる。そう、新型『C63 AMG』には4.3リッターV8ツインターボが搭載されているのだ。ハイパフォーマンスサルーンの歴史とベストセラーモデルの血を受け継ぐ新型『C63 AMG』の成功も間違えないだろう。

The post メルセデス・ベンツのベストセラー「C63 AMG」を今こそ振り返る appeared first on IGNITE(イグナイト).

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!