0

「彼・夫に乗ってほしい車ランキング」1位が本当に「ミニバン」でいいのか?

2015年6月20日 21時46分 (2015年6月24日 11時52分 更新)

彼&夫に乗ってほしい車のボディタイプのアンケート結果が意外だと、世間を賑わしている。

彼&夫に乗ってほしい車の「ボディタイプ」ランキング!

これまでの常識では「乗ってほしい」場合は通常カッコイイクルマ、つまりはスポーツカー、クーペ、オープンカーが優位だったが、このアンケート結果はなんとずんぐりむっくり、大同小異のミニバン、SUVが上位をわけ、両者を合わせて57.2%を占めたのだ。

果たしてこれは正当な結果か、それともバイアスがかかったものなのか。

人気のミニバンとSUVの死角

アンケートの中でミニバンを推す理由として「家族が増えるから」「子供が大きくなるから」が挙げられた。

確かに子供を作ろうという若夫婦や、これから結婚しようという将来性のあるカップルにとって、定員が多く中が広いミニバンやSUVは魅力的だ。しかしまだ子供もいない若夫婦、カップルはまだ気付いていない死角がミニバンとSUVにあることを。それは何か。

まさしく「死角」である。

ボディサイズが大きなミニバン、SUVは文字通り見切りが悪い。見切りが悪いと何がおきるか、それは運転しにくいという問題である。

最近はハイテク装備でバックモニターやカメラなどが装備されて死角は少なくなる傾向であるが、それらはオプション装備が多く、値段も高い。しかもいくらカメラを装備してもボディサイズが小さくなるわけではない。お買いものなどお出かけ時の駐車や狭い路地を曲がるときなど、この大きなボディサイズが仇となる。中が広いはすなわち、外もでかいのだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!