0

神戸製鋼所、水素ステーション向け熱交換器「DCHE」がステンレス協会賞「最優秀賞」を受賞

2016年4月1日 09時03分 (2016年4月2日 06時51分 更新)

1.熱交換の対象となる水素は、金属組織の中に入ると材料を脆くする性質(水素脆化)があることから、ステンレス板に添加するニッケルなどの合金成分を最適化。

2.拡散接合の様に金属を高温、加圧して接合すると一般的に強度が低下する傾向があるため、強度を維持するために接合時の最適な温度などの条件を選定。

なお開発においては、素材はステンレス・特殊鋼メーカーである日本冶金工業からの供給を受けるとともに、ステンレス関係の知見提供を受けた、ということです。

(山内 博・画像:神戸製鋼所)

画像付き元記事はこちら:神戸製鋼所、水素ステーション向け熱交換器「DCHE」がステンレス協会賞「最優秀賞」を受賞(http://clicccar.com/2016/04/01/363044/)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!