1

新型トヨタ・カムリ「日本仕様」が初公開。発売は2017年夏!?

2017年5月20日 11時33分 (2017年5月23日 05時50分 更新)

今年1月のデトロイトモーターショー17で、8代目となる新型カムリ(米国仕様)をワールドプレミアしたトヨタ自動車(以下トヨタ)。

カムリは1982年に発売以来、トヨタの「グローバルミッドサイズセダン」として、世界10か所の工場で生産、100以上の国・地域で販売されており、累計販売台数が1,800万台を越えるなど、30年以上に渡って世界中のユーザーに支持されています。

さらに米国では、乗用車セグメントにおいて15年連続で最も多くのユーザーに選ばれている車種であると共に、米国ケンタッキー州の工場で年間40万台近くを生産するなど、同社の米国事業における最重要車種となっています。

今回発売を予定している新型カムリの車両スリーサイズは全長4,880mm、全幅1,840mm、全高1,445mm、ホイールベースが2,825mm。

国内仕様の現行モデル比で全高が25mm低いことからも、低重心化が図られていることがわかります。また全長が30mm長く、ホイールベースが50mm長いことから、後席膝元スペースにいっそうの余裕が与えらている模様。

トヨタは新型カムリの開発にあたり、「TNGA」手法によりエンジン・トランスミッション・ハイブリッドシステムを一新。走行性能と環境性能の両立を目すとともに、エモーショナルで美しいスタイルや、意のままの走りを実現しています。

動画を見る

フレームには、低重心化、ボディ・フロアの剛性強化を図った「GA-Kプラットフォーム」を採用。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    オヤジ車だから期待していなかったけど、結構いいじゃないか。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!