4

新型トヨタ・カムリが月販目標台数の約4.8倍の好調なスタート。人気の理由は?

2017年8月13日 07時04分 (2017年8月15日 19時20分 更新)

新型トヨタ・カムリの発売から1カ月が経ちました。「フルTNGA」を採用し、パワートレーンには新開発の2.5Lダイナミックフォースエンジンにハイブリッドシステムの「THSⅡ」を組み合わせて搭載。何よりデザインにこだわり、好みは人それぞれにしても先代よりも華があるのは十分に伝わってきます。

その新型カムリの受注台数が発表されました。7月10日の発売から1カ月にあたる8月9日時点で約11,500台と、好調なスタートを切っています。なお、月販目標台数は2,400台ですから発表前の予約受注を含むとはいえ、約4.8倍というのは上々といえそうです。

主な好調点は、「ワイド&ローフォルムによるスポーティかつ美しいスタイリング」、「TNGA(Toyota New Global Architecture)」に基づく新開発の2.5Lダイナミックフォースエンジンと新プラットフォームによる優れた走行性能」、「Toyota Safety Sense Pの全車標準装備や、インテリジェントクリアランスソナーの設定など充実した安全装備の採用」。

販売力のあるトヨタですから、2,400台の月販目標台数はモデルライフを通じてクリアするのは最低限のラインとして、セダン復権を実現できるのか今後の販売動向に注目です。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    いくら安全で高性能でもウチの車庫に収まらないクルマはいりません

    1
  • 匿名さん 通報

    トヨタの新型車だもの、出だしは良くて当たり前じゃない? それと、それほど美しくはないから勘違いしない方がいいかな。

    0
  • 匿名さん 通報

    クラウンハイブリッドより安いから。しかしFF車では車格は低い。

    0
  • 匿名さん 通報

    トヨタですら日本で車の販売量減らすのな。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!