3

「クラウン」史上初!! トヨタが6ライトデザインの「クラウン コンセプト」を東京モーターショー2017に出展!!

2017年10月5日 05時00分 (2017年10月8日 07時42分 更新)
ただし、ホイールベースは+70mmとなっており、居住空間がさらに広がっていると思われる。

フロントフェイスは、現行モデルデザインを生かしつつ、洗練されたイメージに仕上がっている。

機能面としては、新たにコネクテッド技術が搭載される予定だ。具体的には、車載通信機を全モデルに搭載し普及していくことで取得できるビッグデータを活用し、ドライバーに新たな価値が提供される。

例えば、自動ブレーキに代表されるクルマ自体の先進技術だけではなく、信号情報やクルマ同士と"つながる"ITS Connectを普及させることで、渋滞の削減や社会全体で安全を守っていくというようなことが実現される。

また、車載通信機を介して取得した車両情報をもとに車両を遠隔で診断し、故障や整備の必要性を予知。コールセンターを活用した迅速かつ適切なサポートを行い、ドライバーにこれまで以上の安心・安全が提供されるようになるとのことだ。

特にアナウンスはないが、グリルには「RS」のエンブレムが装着されており、これまでの「S」とは違った、走りを予感させるグレードも設定されるようだ。

2018年夏頃にモデルチェンジする予定とのことなので、まずは東京モーターショー2017での仕上がりを楽しみにしたい。

トヨタ 公式サイト

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    200系クラウンアスリートの所有者ですが・・・・クラウンは段々と変な方向に行ってしまいました。 トヨタの思考はおかしくねぇ。これではアウディ、BMWには到底追いつけないでしょう。

    2
  • 匿名さん 通報

    出た出たバカ丸出しの室内空間。他に言葉知らないのかバカトヨタは。これでスポーツとかほざくのか?サスふわふわで加速もしねー制御で安全とかほざきながら。つぶれちまえ。

    1
  • 匿名さん 通報

    ITコネクトって要するにバカトヨタが客からのクレーム対策で24時間見張ってますよってことだろ。金払って見張られる車誰が買うんだよ。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!