0

熱海の森にひっそりと佇む温泉宿「熱海ふふ」

2017年12月16日 13時00分 (2017年12月19日 21時52分 更新)

都心から車で2時間、新幹線で40分ほどで到着する温泉と豊かな自然に囲まれた熱海。

熱海と聞くと海岸沿いの温泉街を思い浮かべるだろうか。熱海は海岸から急こう配の坂で丘陵へと続く海と緑多い高台の双方をあわせ持つ地形。

今回は来宮(きのみや)の森の中にひっそりと佇む静かな温泉旅館「熱海ふふ」を紹介しよう。

26ある客室は全室源泉かけ流しの温泉露天風呂付きのスイートルーム。欧米ホテルのようなプライバシーを重視するとともに、日本旅館の温かいサービスを融合させた居心地のよい宿だ。

部屋はラグジュアリースイートツイン、コンフォートスートツイン、コンフォートスイートダブル、スタイリッシュスイートツイン、スタイリッシュスイートキングダブルの5タイプを用意。

部屋ごとに間取りやデザインが異なり、ミストサウナ付き客室、檜風呂の浴槽の客室、琉球畳の和室のある客室などそれぞれ個性ある部屋が揃う。

部屋の風呂のほか、館内にドライサウナと露天風呂を備えた大浴場がふたつ。男女の入れ替えがあるので翌朝の入浴も楽しみが増す。

大浴場からあがれば部屋と同様にビールやジュースのフリードリンクが用意されている。

夕食は好みにあわせ、レストラン「夢音」でいただく日本料理、鉄板焼きカウンターでいただく鉄板焼きフルコース、客室でゆったりと寛ぎながらいただく日本料理の3タイプを用意する。

黄昏が迫ればラウンジ「孝」で大人時間を堪能しよう。落ち着いた大人の雰囲気漂うカウンター席とプライベートタイムを大切にしたい方にはボックスタイプのソファエリアを。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!