1

【新車】BMW X2は1550mm以下の立体駐車場に入る日本でもヒット確実!?

2018年4月16日 13時06分 (2018年4月18日 08時00分 更新)

BMWのコンパクトSUV(SAC)であるX2が2018年4月16日から受注を開始しました。X1やX3、X5はスタンダードなSUVの「SAV(スポーツアクティビティビークル)」、X4とX6はクーペ的要素が盛り込まれたクロスオーバーSUVの「SAC(スポーツアクティビティクーペ)」になっています。

ボディサイズは、全長4375×全幅1825×全高1535mmで、ホイールベース2670mm。全高を1550mm以下に抑えたことで、高さ制限のある立体駐車場に対応可能。

全長4200×全幅1795×全高1530mmというアウディQ2、全長4400×全幅1830×全高1615mmのアウディQ3の間くらいのサイズといえます。エンジンは1.5Lの直列3気筒ガソリンターボ、2.0Lの直列4気筒ガソリンターボで、前者の「sDrive18i」はFF、後者の「xDrive20i」は4WD。

フロントマスクの特徴であるキドニーグリルは、ロア側をよりワイドにし、大型エアインテークもあって、低重心かつワイドなスタンスに感じさせます。

また、従来のクーペスタイルに固執しなかったというルーフラインは、BMW Xモデルらしい強固な印象を残すやや無骨な形状とすることで、躍動感を表現した。

そして、BMWの特徴でもあるホフマイスター・キンクをCピラーに組み込むことで、ボディ後方まで窓の下部がせり立つラインを取り入れ、シャープで挑戦的なデザインへのこだわりを表現したそう。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    最近小型のSUVが流行ってるみたいだが、昨日長崎の大村でグレーのCH-Rに煽られた。なんでトヨタ乗りはアホが多いんだろう?あんなクソ車で煽ってもねぇ。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!