0

ホンダのレジャーバイク「モンキー」が125ccになって復活! 価格は39万9,600円から

2018年4月24日 20時00分
あの「モンキー」が125ccになって戻って来る! ホンダは原付二種の新型レジャーバイク「モンキー125」を7月12日に発売すると発表しました。

50ccの空冷4サイクル単気筒エンジンを搭載して1960年代に登場したモンキーは、半世紀にわたり約66万台が生産され、日本だけでなく海外でも愛されましたが、新しい排ガス規制をパスすることが難しく、2017年8月いっぱいで生産終了。その間には元ビートルズのジョン・レノンが購入して息子と乗ったり、熊本県のPRマスコットキャラクター「くまモン」とのコラボレーションなどもありました。
車体もエンジンも一回り大きくなったモンキーは、2017年の東京モーターショーにコンセプト・モデルとして参考出品され、大きな反響があったことから目出度く発売が正式に決まったようです。ホンダによれば、開発ではその楽しさをスケールアップし、遊び心で自分らしさを演出する"アソビの達人"をコンセプトに決め、従来の50ccのモンキーの特徴である「シンプル」「コンパクト」「愛らしさ」などの不変的な魅力を踏襲しつつ、125ccの力強く扱いやすい出力特性のエンジンや取り回しやすいサイズ感、親しみやすいデザインとしたとのこと。東京モーターショーで実車を見たときには、ずいぶん大きくて可愛らしさが減ったなと個人的には思いましたが、写真では確かにちゃんとモンキーに見えます。限定500台が抽選販売された「モンキー・50周年スペシャル」のように、スチール製の前後フェンダーはクローム仕上げ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ホンダのレジャーバイク「モンキー」が125ccになって復活! 価格は39万9,600円から」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!