0

スズキ、キャビンが拡がった新型軽トラック「スーパーキャリイ」を発売!

2018年5月16日 19時30分
スズキは軽トラック「キャリイ」の室内空間を拡大し、さらに前後の誤発進抑制機能を標準装備した新型軽トラック「スーパーキャリイ」を、5月16日に発売した。
スーパーキャリイは、従来のキャリイよりもキャビンを後方に460mm拡大。これによって軽トラック・クラスでトップのリクライニング角度最大40°とシートスライド量180mmを実現した。大柄な人でも乗用車のようにゆとりある姿勢で運転できる(助手席側はリクライニング角度最大24°、シートスライド量100mm)。

全高もキャリイより120mm高い1,885mmのハイルーフ仕様となり、余裕ある頭上空間を確保。ファイル等の収納に便利なオーバーヘッドシェルフも標準装備する。

座席後方には、高さ920mm×横幅1,235mm×長さ250mmのシートバックスペースが用意されており、荷台に置けない貴重な工具、雨に濡らしたくない衣類や食品、大事な書類などを収納しておける。助手席には軽トラック初の前倒し機構を搭載。助手席の背面をテーブルとしてデスク作業や食事に活用できる。

荷台は床面をキャビン下まで伸ばすレイアウトを採ることで、キャリイより55mm短いだけの荷台フロア長1,975mmを確保。薄型の長尺物ならキャリイと同様に積載することができる。ただし、軽自動車規格の中でキャビンを拡大した分だけ、荷台長は1,480mmと、当然ながらキャリイより460mm短い。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「スズキ、キャビンが拡がった新型軽トラック「スーパーキャリイ」を発売!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!