2

マツダ・CX-3が大幅な年次改良を実施。ドアの鉄板を厚くするなど大規模に内外を変更

2018年5月17日 10時00分

マツダのコンパクトSUV・CX-3に大幅改良が実施されました。

大きなニュースとしては、ディーゼルエンジンのSKYACTIV-Dが従来の1.5Lから1.8Lに刷新されたこと。

またガソリンエンジンのSKYACTIV-G 2.0には、吸気ポート加工の精密化や新ピストン形状の採用等が行われ、中低速トルク改善や実燃費向上につながりました。

外装の変化では、フロントグリルがループ状モチーフを取り入れた最新造形に変更されたことが挙げられます。

テールランプは内部造形を一新してよりスタイリッシュのものになりました。

内装に関しても電動パーキングブレーキを採用することでセンターコンソール周りを一新。フロントにアームレストを新設するなどしました。インパネのソフトパッド造形も変更が行われています。

年次改良内容はこれらエンジンや内外装のみにとどまらず多岐にわたるものでした。この点について開発主査の富山さんに伺いながら、以下に報告します。

従来の年次改良でもハンドリングと乗り心地のバランス、操安性の向上には手を入れてきましたが、今回は根本の考え方を変えたということです。従来のCX-3では路面の凹凸をいなす際などは「車体の入力の大きさを抑えようとする方向で、とりわけサスペンションに注力してのセッティング」が進められてきたとのこと。

今回の年次改良では「サスペンションのみならず、タイヤやシートなど車両全体で衝撃をいかに滑らかにコントロールするか」ということに主眼をおいて開発を進めたそうです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「マツダ・CX-3が大幅な年次改良を実施。ドアの鉄板を厚くするなど大規模に内外を変更」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    いわゆるビッグマイナーチェンジでしょ? 内外ガッツリ変えるんなら、もうフルチェンジで良くない?

    1
  • 匿名さん 通報

    ディーゼルってオワコンじゃないの?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!