0

【マツダ・CX-3】「ライトサイジング」化された1.8Lクリーンディーゼルエンジン

2018年5月17日 10時02分

2018年5月17日にマイナーチェンジを受けたCX-3。発売開始は同年5月31日からとなります。Bセグメント級SUVのマツダCX-3は、デビュー以来、日本国内向けは1.5Lクリーンディーゼルのみでした。2017年夏に、待望の2.0Lガソリンが設定され、街乗り中心といった使い方をする層も増えるなど、裾野が広がっています。

ここでは、1.5Lから1.8Lに排気量が拡大されたクリーンディーゼルについてご紹介します。

ダウンサイジングターボの先駆けとなったフォルクスワーゲンにより、その流れはガソリン、ディーゼルエンジンに及んできました。しかし、ここ数年は、フォルクスワーゲン・グループのアウディがプレスリリースなどで、適正な排気量を示す「ライトサイジングエンジン」と言い始め、ポルシェも長年「ライトサイジング」を追求してきた歴史をホームページに掲載。

一方、マツダのエンジン開発を担う人見光夫氏は、以前からダウンサイジングに否定的な見解を述べていて、アウディなどよりも先に学会などで「ライトサイジング(排気量適正化)」について触れ、以前からカタログ燃費よりも実燃費を重視するマツダでは、「スカイアクティブ」エンジンで実現してきたといえるでしょう。

今回、CX-3のディーゼルエンジンが1.5Lから1.8Lに排気量を拡大したのはその好例といえるもので、とくに年々厳しくなる規制(エミッション)も考えるとこうした流れは加速しそう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「【マツダ・CX-3】「ライトサイジング」化された1.8Lクリーンディーゼルエンジン」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!