3

衝突被害軽減ブレーキで追突事故は何割減った? 交通事故総合分析センターが分析結果を発表

2018年9月24日 06時04分

2018年9月3日、交通事故総合分析センターが衝突被害軽減ブレーキ(AEB装置)搭載の有無に加えて、車両相互事故のうち、対四輪車の追突事故についての分析を発表しました。

いまでは軽自動車にも普及している衝突被害軽減ブレーキは、搭載されるセンサーにより作動条件(速度や相対速度、対象物、昼夜など)は異なるものの、ドライバーの注意散漫の状態や、脇見運転などの万一の際に、緊急的にブレーキを作動させてドライバーをサポートする機能。

各自動車メーカーは、「万能ではない」と謳っているものの、衝突被害軽減ブレーキが付いていると、事故が大きく減りそうな気がするかもしれません。また、国土交通省も以前から衝突被害軽減ブレーキは「万能ではありません!」と警告しています。

先述したように、交通事故総合分析センターの分析は、車両相互事故のうち、対四輪車の追突事故に限定。同センターでは、衝突被害軽減ブレーキを搭載した乗用車(普通・小型・軽)と非搭載車を比較。登録・届出車数10万台当たりの対四輪車追突死傷事故件数(第1当事者)は、AEB非搭載車が208.9件。

気になる衝突被害軽減ブレーキ搭載車は、98.4件になり、同ブレーキ搭載車は110.5件少なく、事故率は52.9%低くなっています。

52.9%、つまり約半減しているわけですが、思ったよりも少ないか、多いかは意見が分かれそう。同ブレーキには作動条件があり、「万能ではない」ことを理解できていれば上出来と思えるかもしれません。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「衝突被害軽減ブレーキで追突事故は何割減った? 交通事故総合分析センターが分析結果を発表」のコメント一覧 3

  • 匿名さん 通報

    老害に車乗せない事!!これでそうとう減る。

    4
  • 匿名さん 通報

    万能ではないなら、追突した場合の事例を知りたいものだ。

    3
  • 匿名さん 通報

    アクセルとブレーキを間違えたって言うキチガイを運転させなければ自然と減る。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!