0

【新型ボルボ・V60登場】マイナス15mmの幅は日本のために。先代よりコンパクトになったボディ

2018年9月25日 15時30分

ボルボのステーションワゴンV60がフルモデルチェンジして2代目となりました。

V60の歴史は少々複雑です。もともとはボルボ初のFFモデルとなった850から始まるといっていいでしょう。850はその後、V70、V60と進化していきます。いずれのモデルもその時代のボルボを代表するモデルとしてのトピックスを持ったモデルでした。

新型V60はV70が持っていた実用的でボクシーな部分を受け継いだと言われます。ダイナミックでも実用性の高いモデルがV60という位置づけです。最近のクルマはモデルチェンジのたびにボディが大きくなるものですが、ボルボV60は違います。

新型ボルボV60は先代に比べて全長は125mm伸ばされ4760mmとなりましたが、全高は45mmのダウンで1435mmに、さらに全幅は15mmのナロー化で1850mmとなりました。このナロー化は日本からのリクエストによるもので、現地デザイナーは「デザイン幅を日本に取られた」と言っているそうです。

(文・諸星陽一/写真・小林和久

【関連記事】

【新型ボルボ・V60登場】マイナス15mmの幅は日本のために。先代よりコンパクトになったボディ
https://clicccar.com/2018/09/25/632155/

【新型ボルボ・V60登場】新世代モジュラーアーキテクチャーSPAを採用。PHVモデルも上陸予定
https://clicccar.com/2018/09/25/632456/

【新型ボルボ・V60登場】4輪独立懸架とボルボらしい究極的安全装備
https://clicccar.com/2018/09/25/632458/

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「【新型ボルボ・V60登場】マイナス15mmの幅は日本のために。先代よりコンパクトになったボディ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!