学者真っ青!発見の「関羽の家系譜」、子孫がトイレ紙に使用―河南省鄭州市

2008年9月6日 09時47分

5日、最近報道された三国志の英雄・関羽の家系図を記した「関氏家譜」発見のニュース。この貴重な古文書を、関羽の子孫がトイレットペーパー代わりに使用していた。写真は河南省許昌市にある関羽像。(Record China)

[拡大写真]

2008年9月5日、香港の「大公報」が8月下旬に報道した「関氏家譜(関羽の家系譜)発見」のニュースは国内外の三国志ファンの大きな関心を招いたが、この家譜が発見されたのは今から20年も前の1988年だったという。河南省のニュースサイト「大河網」が伝えた。

蜀の劉備玄徳に忠誠を尽くした関羽(関雲長)は、現在では商売の神様「関帝」として祭られているほど中国人に愛され尊敬される名将。その関羽の家族関係に関して今なお多くの謎が残されており、今回報道された「関氏家譜」はその謎を解明する大きな手がかりになる。現在この家譜を保管している「鄭州市档案館」の責任者は、「報道では『清の乾隆帝の時代1787年に書かれた』とあるが、実際にはそれよりも100年以上前の康熙帝の時代である1684年に書かれていた」と話している。【その他の写真】

1988年まで「関氏家譜」を代々受け継いできたのは、同省鄭州市官劉家村の関さん一族。一番若い後継者は関光周さんだが、彼の祖父である関喜貴さんが昔1人でこの家譜を読んでいるときに来客があり部屋を離れた。その間に、息子の嫁が部屋に入り子供のお尻をふく紙を探していると、この家譜を見つけて「ちょうどいいものがあった」とページを数枚破り、それで子供のお尻をふいたという。彼女は字が読めなかったのだ。「関氏家譜」は子供のお尻さえふかなければ完全な形で残っていたのだが…。(翻訳・編集/本郷)

【関連記事】
三国時代がテーマの中国初の博物館がオープン―安徽省合肥市
三国時代の「竜華塔」の一般公開スタート―上海市
貴重な作品ズラリ!国家一級古典籍展が開催―北京市
歴史的品が集う「国宝展」開催、貴重な玉衣や青銅器など20数点―重慶市
貴重な古代の岩絵群、水没の恐れで移転へ―新疆ウイグル自治区

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。