「使い捨て」の日本人技術者が大量流入―中国

2008年9月12日 16時20分 (2008年9月15日 00時17分 更新)

9月1日、新華網は日本の雑誌に掲載された日本人技術者の現状を紹介。技術者の流出は日本の製造業に大きな痛手となりかねない。写真は中国の日本関連企業。(Record China)

[拡大写真]

2008年9月1日、新華網は、日本の雑誌に掲載された日本人技術者の現状を紹介した。資料によればここ5年間で大量の日本人技術者が中国に流出しているが、待遇の違いに理由があるという。

それによると、日本でリストラされたり、退職した技術者が中国のために働くという現実がしばしば見られるようになった。彼らが日本で再就職した場合、年収は300~400万円だが、中国企業では500万~700万円にもなるという。こうした待遇が彼らを惹きつける魅力だ。【その他の写真】

日本の人材が流出するという現象は今に始まったことではなく1980年代まで遡る。韓国のサムソン電子が大量の日本人技術者を引き抜き、その結果、現在では日本の製造業を圧迫するまでの存在になっている。団塊世代が大量に職場を去る中、こうした現象が再現される可能性がある。

日本では技術者の地位は決して高くない。福田内閣(9月1日現在)の18人の閣僚のうち、理系出身者はわずかに1人。明治維新から数えて理系出身者が総理大臣になったのは東京水産大学出身の鈴木善幸氏のみだ。それに対して中国の歴代の指導者は理工系出身者が占める。(翻訳・編集/小坂)

【関連記事】
日本の団塊の世代は今まさに“完熟”、企業が欲しがる最高の人材(1)―中国
日本の団塊の世代は今まさに“完熟”(2)―中国
個人・私営の労働者、日本の総人口並み1億3000万人に―中国
中国が最大の輸出相手国に、アメリカを抜く―日本
日本が発明したインスタント・ラーメン誕生50年、中国でも大人気!

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。