迷惑メールが月に100億通!社会問題に―台湾

2008年9月24日 20時56分 (2008年9月27日 00時17分 更新)

22日、台湾では迷惑メールの異様な多さが問題となっている。20のプロバイダーによる統計によると、毎月少なくとも100億通の迷惑メールの送受信があり、ネット利用者は1日に100通受け取っているという。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2008年9月22日、中国新聞網が報じたところによると、台湾では迷惑メールの異様な多さが問題となっている。20のプロバイダーによる統計では、毎月少なくとも100億通の迷惑メールが送られているという。こうしたメールの処理は時間のみならず、金銭的な浪費ともなっている。

台湾「今日新聞」によると、台湾のインターネット利用者は毎日およそ100通もの迷惑メールを受け取っている。1通処理するのに3秒要するとすれば年間で30時間浪費する計算だ。また、この30時間を金銭に換算すると約3000台湾元(約1万円)となり、1500万人のインターネット利用者で計算すると450億台湾元の損失となるという。【その他の写真】

台湾の消費者文教基金会の調査によると、迷惑メールの9割以上はアダルト広告で、74%の利用者が不快感を示しており、90%の利用者が「法的な処分」を求めているという。(翻訳・編集/小坂)

【関連記事】
中国がアメリカに次ぐ世界第2位のスパム生産国に
「スパム防止に携帯電話実名制導入を」広東省人民代表が省政府に提議―中国
ゾンビパソコン化の恐怖!チャットソフト経由のウイルスが流行の兆し―中国
要人警護官がメール8万件で著書宣伝、手法に議論―中国
通信料金、月1万円!迷惑メールにハマッた小学3年、友人らに大量転送―江西省南昌市

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。