カンフーサッカー日本上陸?「最凶戦士」がJリーグ移籍濃厚に―中国紙

2008年10月17日 11時57分 (2008年10月20日 00時17分 更新)

16日、成都商報はサッカー中国代表の李[王韋]峰選手が年明けにもJリーグに移籍する可能性が高いと報じた。カンフーサッカーの代名詞ともいえる最強にして最凶のDFの日本登場はなるのだろうか?写真は李選手。(Record China)

[拡大写真]

2008年10月16日、成都商報はサッカー中国代表の李[王韋]峰(リー・ウェイフォン)選手が年明けにもJリーグに移籍する可能性が高いと報じた。カンフーサッカーの代名詞ともいえる最強にして最凶のDFの日本登場はなるのだろうか?

それによると、李選手は1978年生まれ。1998年に代表選手に選ばれて以来10年間主力DFとして活躍しており、そのキャップ数は100試合に達している。まさに中国を代表するDFといえる。一方、その荒々しい気質とプレースタイルもよく知られているところ。今年2月に中国で開催された東アジア選手権・中国対日本戦でもラフプレーを見せつけた。鈴木啓太選手にのど輪を決めたシーンを覚えている方も多いだろう。【その他の写真】

今年9月28日には中国スーパーリーグ・武漢光谷対北京国安戦でも乱闘騒ぎを起こし、8試合の出場停止処分を受けている。ちなみに李選手が所属する武漢は「相手チームの選手が先に乱闘を仕掛けたのに処分が重すぎる」と反発、リーグを脱退するという前代未聞の事態に至った。

プレーする場を失った李選手だが、移籍には300万元(約4500万円)を超える移籍金が必要であり、また未消化の出場停止処分が残っていることからも中国国内での移籍は難しいと見られる。一方、Jリーグのクラブも来シーズンからアジア枠が設けられるため有力なアジア人選手はぜひとも獲得したいところで、両者のニーズは一致する。移籍金の額もJクラブならば問題にならない水準で、障害もない。敵も味方もサポーターも震え上がらせる最凶のカンフーサッカー戦士が日本に上陸する可能性はかなり高いものといえそうだ。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
<サッカー>日本戦を騒がせた「クビ締め王子」李選手のそうそうたる「暴発事件史」―中国
<サッカー>カンフーサッカーで北朝鮮を撃破、カード連発の最悪の試合に―中国
<北京五輪>五輪でもカンフーサッカー、退場者2人で完敗―中国男子
<カンフーサッカー>ふがいない!協賛企業が1億5千万円減額を要求―中国
<サッカー>日本戦でラフプレー続出、粗雑すぎるプレーに地元ファンもあきれ顔―中国

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。