<不法残留自殺>強制退去手続き中の事件で、日本側へ説明を要求―中国

2009年3月29日 12時18分 (2009年4月1日 00時17分 更新)

28日、東京都港区にある日本の法務省入国管理局の収容施設内で今月21日、不法滞在で強制送還の手続き中だった30代の中国人男性が自殺したが、中国側は事件の詳しい説明を日本側に求めている。写真は入国管理局。(Record China)

[拡大写真]

2009年3月28日、東京都港区にある日本法務省入国管理局の収容施設内で今月21日、30代の中国人男性が自殺した事件は、中国国内でも取り上げられ注目されている。「日本新華僑報」の記事をもとに中国新聞網が伝えた。

20日午前9時15分ごろ、1人用の収容部屋で、男が電気ポットのコードを窓の取っ手にかけ首をつっているのを職員が発見。直ちに都内の病院に搬送されたが21日未明に死亡した。

【その他の写真】

死亡したのは、遼寧省出身の楊維剛(ヤン・ウェイガン)さん。入管難民法違反(不法残留)で今年1月30日に当局に収容され、強制退去手続き中だった。20日午後1時に、同局から在日中国大使館のもとへ、中国人収容者が自殺を図ったという第一報が入った。翌21日早朝、再び入管から午前2時40分に楊さんが死亡したとの知らせが届いたという。

在日中国大使館の許澤友(シュー・ザーヨウ)総領事は24日、日本外務省に今回の件について詳しい説明を要求。「日本側は自殺の原因など具体的な経緯に関する報告書をいまだに中国側に提出していない」と指摘し、楊さんの人権は尊重されていたのか、また事後処理は適切だったのかについて正式な返答を求めている。(翻訳・編集/SN)

【関連記事】
強制退去手続き中の中国人、入管施設内で自殺―日本
中国人47人、不法滞在で拘留される=豪州で就労の希望空しく―インドネシア
中国人の「家族観光ビザ」発給緩和へ、警察庁などは難色―日本
08年の不法残留中国人、04年から半減―日本
<元宵節>家族に会いたい!違法出国の女性が自首―上海市

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。