世界最強のビジネスウーマン、TOP50のうち10人が中国人―米誌

2011年10月2日 13時27分 (2011年10月5日 00時17分 更新)

29日、米誌フォーチュンが2011年版「世界で最もパワフルなビジネスウーマン50」を発表した。世界部門でランクインした50人のうち、10人が中国系女性だった。写真は17位にランクしたファーウェイ・テクノロジーズの孫亜芳会長。(Record China)

[拡大写真]

2011年9月29日、米誌フォーチュンが2011年版「世界で最もパワフルなビジネスウーマン50(50 Most Powerful Women in Business)」を発表した。世界部門でランクインした50人のうち、10人が中国系女性(中国・香港・台湾を含む)だった。新京報が伝えた。

【その他の写真】

1位を飾ったのは英鉱業大手アングロ・アメリカンPLCのシンシア・キャロルCEO。中国系でトップだったのはファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)の孫亜芳(スン・ヤーファン)会長で17位。

中国系で初ランクインしたのは3人。不動大手SOHO Chinaの張欣(ジャン・シン)CEOが24位、自動車大手グレートウォール・モーター(長城汽車)の王鳳英(ワン・フォンイン)社長が29位、ソフトウェア大手SAP(中国地区)のヘラ・シウ(蕭潔雲)社長が45位。

日本からは証券大手・野村ホールディングスの中川順子CFOが34位、人材派遣大手テンプスタッフの篠原欣子社長が36位だった。(翻訳・編集/愛玉)

【関連記事】
<中国長者番付>福島原発事故にポンプ車提供の三一重工・梁穏根会長が初の首位に、資産8400億円
<長者番付>中国は115人で米国に次いで2位、アジアの躍進目立つ―米フォーブス誌
アジアの新興経済体番付=上位3位は中国、インド、ベトナム―米メディア
地元女性と日本人男性とのお見合いが「ビジネス」に―黒竜江省ハルビン市方正県
「結婚しない女性」が急増、同性愛を理由にする人も4%近くに―中国

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。