上海のおもな百貨店、国慶節前の3日間で130億円の売り上げ

2011年10月7日 11時11分 (2011年10月10日 00時12分 更新)
 10月1日の国慶節前の3日間で、上海のおもなデパート60店の売上総額が10億3500万元(約130億2000万円)に達し、前年同期比26.2%増となった。中国国際放送局が報じた。

 上海市商業情報センターの調査によれば、国慶節の大型連休の前の3日間は結婚式関連の需要が集中しており、婚礼用および投資用の金貨や宝石の購入が急増し、前年同期に比べて約4割増加となった。

 また、食料品や児童用品、飲食などの消費も大きな伸びが予想される。(編集担当:村山健二

【関連記事・情報】
国慶節のUターンラッシュ、本日午後から最初のピークへ―北京(2011/10/05)
広州市政府・国慶節の飾りつけに放火…ネットで情報広まる(2011/10/04)
本土不動産業界リポート:今年の国慶節連休、各社とも大型物件の販売なし(UBS)(2011/10/04)
鉄道部:国慶節の全国鉄道旅客数は過去最高を記録(2011/10/03)
中国、国慶節連休の鉄道乗客数が記録を更新(2011/10/03)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。