自動車メーカー、1~9月期の業績は惨憺たる結果に―中国

2011年10月8日 10時44分 (2011年10月11日 00時17分 更新)

7日、中国の上海、深セン両証券取引所の上場企業830社のうち6割が今年1~9月期に前年同期比増または黒字転換を果たしたが、自動車メーカーを中心とする2割は前年同期比減または赤字転換となった。写真は1日、深センモーターショーの比亜迪(BYD)ブース。(Record China)

[拡大写真]

2011年10月7日、中国の上海、深セン両証券取引所の上場企業830社が今年1~9月期の財務報告を行った。うち6割が前年同期比増または黒字転換を果たしたが、自動車メーカーを中心とする2割は前年同期比減または赤字転換となった。中国広播網が伝えた。

【その他の写真】

それによると、完成車メーカー25社の今年上半期の平均営業収入は前年同期比12.6%増。2009年の同30.8%増、昨年の同59.5%増と比べ、成長率の低下が目立った。国有企業の一汽轎車の決算報告によると、業績悪化の原因は今年上半期の金融引き締め策、インフレの加速、自動車支援策の打ち切り、ガソリン価格の高騰、北京の新車購入制限など。

一方、深センでA株上場したばかりの民営の比亜迪(BYD)は、大幅リストラなどのゴタゴタがマイナス要素となり、今年1~9月期の下げ幅は85~95%になると予想されている。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
中国の自動車保有台数が1億台突破、世界第2位に=4年で倍増―課題も山積
中国自動車メーカー奇瑞とイスラエルが合弁高級車、11月に発表ーライバルはVW
日本の自動車部品メーカー、浙江省寧波市への進出検討=生産拠点の分散進める―中国
中国の自動車1台当たりのガソリン消費量は先進国の2倍以上―中国メディア
海外自動車メーカーの発言権が日々強大に!やはり核心技術がないと…―中国紙

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。