人民元の対ドル基準値30%上昇、11日に過去最高更新=中国

2011年10月13日 06時29分 (2011年10月15日 00時12分 更新)
 <中国証券報>中国外貨取引センターが11日発表した人民元の対米ドル基準値は1ドル=6.3483元と6.34元台に突入し、2005年7月の人民元切り上げ後の最高値を更新した。12日付中国証券報が伝えた。

 人民元の対米ドル基準値の年初からの上昇幅は11日現在で4.32%。7月以降で1.94%となった。05年の人民元切り上げ以降の累計上昇幅は30.27%となる。

 アナリストによると、前夜に米ドルレートが1.42%下落したことが、11日の人民元基準値を上昇させた要因。人民元は今後も対ドルで小幅な上昇を続けると予想される。(編集担当:浅野和孝

【関連記事・情報】
世界最強の通貨「円」、中国経済にも悪影響(2011/07/28)
じわじわ減速する中国経済、マクロ政策大きなヤマ場(2011/09/02)
人民元は5年内に自由化、国際決済通貨になる=中国人民銀委員(2011/09/28)
「中国経済ハード・ランディング」は心配し過ぎ―米証券エコノミスト(2011/10/05)
石炭需給ひっ迫ようやく改善も、危うい綱渡り続く(2011/09/30)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。