【中国】9月CPI上昇率は6.1%…高い水準、おさまらず

2011年10月14日 12時09分 (2011年11月12日 00時12分 更新)
 中国政府・国家統計局は14日、2011年9月の物価変動を発表した。消費者物価指数(CPI)は前年同期比で6.1%の上昇とした。中国のCPIは年間の上限目標とされている4%を大幅に上回る状態が続いている。6月から4カ月連続で6%を超えた。

 中国の月別CPI上昇率は2011年1月、2月がいずれも4.9%だった。3月は5.4%と2年8カ月ぶりの高水準だった。4月は5.3%とわずかに下落したが、5月は5.5%、6月は6.4%と再び上昇をしはじめた。7月は6月の上昇率をさらに上回る6.5%の上昇、8月は6.2%の上昇だった。

 9月の都市部におけるCPI上昇率は5.9%、農村部は6.6%だった。

 食品価格の上昇率は13.4%で、非食品価格は2.9%の上昇だった。
 食品価格のうち、穀物類は11.9%の上昇だった。肉類と食肉加工食品は28.4%の上昇だった。うち豚肉は43.5%の上昇だった。豚肉だけでCPIを1.24ポイント押し上げたという。

 主要商品別の価格上昇率は以下の通り。

【食品類】
・穀物類…+11.9%
・肉類…+28.4%%
(うち豚肉は+43.5%)
・卵類…+14.2%
・水産品…+14.1%
・生鮮野菜…+2.1%
・生鮮果実…+6.2%
・食用油…+18.0%

【非食品類】
●たばこと酒類…+3.4%
・たばこ価格…+0.4%
・酒類価格…+7.9%

●衣類・靴類…+3.2%
・衣類価格…+3.4%
・靴類価格…+1.8%

●家庭設備と補修サービス…+3.0%
・耐久消費財…+0.9%
・家庭向けサービスと加工補修サービス…+11.9%

●医療保険と個人用品…+4.1%
・西洋医薬…-0.5%
・中国薬材と医薬…+14.1%
・医療保険サービスは+0.5%

●交通及び通信類…+1.0%
・交通用品(自動車など)…-0.7%
・車両用燃料と部品…+14.9%
・車両使用及び補修…+4.5%
・都市間交通費…+3.3%
・市内交通費…+2.2%
・通信用具…-13.3%

●娯楽教育文化用品とサービス…±0%
・教育価格…+0.9%
・文化娯楽費…+1.5%
・旅行価格…+2.4%
・文化娯楽耐久消費財とサービス…-6.7%

●居住価格…+5.1%
・水・電気・燃料価格…+4.1%
・建築と内装価格…+5.3%
・住居賃貸価格…+3.4%

(編集担当:如月隼人)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。