<中華経済>鄭州日産の乗用型バン「帥客」に1.5Lモデル登場―中国

2011年10月15日 07時00分 (2011年10月17日 00時17分 更新)
2011年10月14日、鄭州日産はこのほど、乗用型バン(CDV)「帥客」の1.5Lモデルを発表した。軽自動車からの買替え需要を狙い、5000台限定の割引キャンペーンを展開する。中国の各メディアが伝えた。

車両販売価格は標準グレードが6.58万元、上位グレードが7.18万元で、2011年末までの先着5000台には現金6000元の「買替え割引」キャンペーンが適用される。

買替え割引によって標準グレードが5.98万元で購入できることから、同社の郭振甫総経理は「メイン価格帯が4-6万元の高級軽自動車市場も新たなターゲットだ。買替え需要を積極的に狙いたい」と話す。

軽自動車市場には1000万人を越えるユーザーがいるが、およそ70%がメンツや安全性を理由に「帥客」をはじめとするCDVに買い替えている。しかしCDVのメイン価格帯は8-10万元と高価で、4-6万元程度の手頃なモデルに対する需要が高まっていた。(翻訳・編集/JX)

【関連記事】
<中華経済>東風日産、新型SUV「ムラーノ」発売、588万円から―中国
<中華経済>東風柳汽、日産車の現地生産とエンジン生産委託される―中国
<中華経済>上海フォルクスワーゲンの販売シェア、東風日産超え3位―北京市
乗用車市場、今後5年で成長率10%に低下―中国
<中華経済>中国市場のミニバン人気高まる、ダイムラーはスプリンター現地生産

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。