中国、クルーズ客船企業に外国資本による独資運営を認可

2011年10月17日 11時43分 (2011年10月20日 00時12分 更新)
 中国交通運輸部水運管理局の宋徳星局長は15日、第6回中国クルーズ客船産業発展会議に出席した際、「中国は外国クルーズ客船企業の中国での独資運営を認め、それらの会社が所有する、または運営する客船に集客やチケット販売など補助的な経営サービスを提供する」と発表した。中国国際放送局が報じた。

 2010年に中国は船舶業務を行う外国独資企業の設立にかかわる規定の改正に着手し、2011年8月には外国資本による独資客船企業の審査批准管理業務の強化に関する通達を発表した。(李陽、吉野)暮らし・経済へ(編集担当:村山健二

【関連記事・情報】
中国で海旅販売 JTB新紀元、外資系初の認可(2011/06/10)
東京海上HD、中国現地法人が江蘇支店の設立認可を取得(2011/01/12)
三井住友海上、中国現地法人が江蘇支店設立準備認可を取得(2010/07/21)
【話題銘柄】プロミスが中国・深セン市で事業認可を取得、株価は発表後に反発(2010/06/23)
プロミスが急騰、中国での消費者金融事業認可で(2010/06/23)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。