HSBC中国、全24支店で人民元建て貿易決済

2011年10月18日 10時01分 (2011年10月21日 00時12分 更新)
 <中国証券報>英銀大手HSBCの中国法人であるHSBC(中国)は13日、支店を置く中国の24都市で人民元建て貿易決済の取り扱いを開始した発表した。中国の全支店で同業務を展開する外資銀第1号となる。17日付中国証券報が伝えた。

 今年上半期の中国の貿易額に占める人民元建て貿易決済額の割合は8%を超え、昨年末の2.5%から大きく拡大した。HSBCはオフショア人民元市場における預金額が年末時点で1兆元に上ると予想している。

 HSBCは現在、50の国と地域で人民元建ての貿易サービスを行っている。(編集担当:浅野和孝

【関連記事・情報】
世界最強の通貨「円」、中国経済にも悪影響(2011/07/28)
じわじわ減速する中国経済、マクロ政策大きなヤマ場(2011/09/02)
人民元は5年内に自由化、国際決済通貨になる=中国人民銀委員(2011/09/28)
「中国経済ハード・ランディング」は心配し過ぎ―米証券エコノミスト(2011/10/05)
石炭需給ひっ迫ようやく改善も、危うい綱渡り続く(2011/09/30)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。