中国でレアアース業界に生産停止の動き拡大、価格下降に対応

2011年10月19日 11時57分 (2011年10月22日 00時12分 更新)
 今年上半期にとてつもない水準まで高騰したレアアースだが、このところ価格の下落が続き、生産停止の動きが起きている。内蒙古包鋼稀土高科技は、2011年10月19日から1カ月間、傘下のレアメタル抽出・精錬企業(直属の精錬工場及び華美公司、和発公司、山東霊芝公司を含む)の生産を停止すると発表した。包鋼全南晶環、包鋼信豊新利はすでに生産を停止している。中国証券報が伝えた。

 業界関係者は、8月に中国五鉱有色金属が全国の抽出企業に自主的な生産停止を呼びかけたのに続き、包鋼稀土が今回の決定を発表したことは、業界全体に生産停止の動きが広がっていることを意味していると指摘している。(編集担当:浅野和孝

【関連記事・情報】
世界最強の通貨「円」、中国経済にも悪影響(2011/07/28)
じわじわ減速する中国経済、マクロ政策大きなヤマ場(2011/09/02)
人民元は5年内に自由化、国際決済通貨になる=人民銀委員(2011/09/28)
「中国経済ハード・ランディング」は心配し過ぎ―米エコノミスト(2011/10/05)
中国貿易に世界から逆風、輸出突出すれば貿易摩擦も(2011/10/14)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。