中国の11年の貿易の伸び、「前半大きく、後半小さい」=商務部

2011年10月21日 06時29分 (2011年10月23日 00時12分 更新)
 <中国証券報>中国商務部の瀋丹陽報道官は19日、同国の今年の輸出入額の伸びについて、「外需やコスト、為替レート、比較対象となる前年の実績などを考慮すると、前半に大きく、後半に小さくなる」と見通しを述べた。20日付中国証券報が伝えた。

 「内外環境の変化、とりわけここ数カ月間は我が国の貿易成長に影響する不安定で不確定な要因が増えた」とし、第4四半期と来年第1四半期は輸出業を取り巻く環境が厳しくなるとの見方を示した。

 その上で、「関連部門と連携して輸出税還付、貿易融資、輸出信用リスク保障、人民元相場、人民元建て貿易決済などの貿易政策の安定維持に努めるとともに、輸入を拡大して貿易発展モデルを早期に転換し、貿易活動の年初目標の達成に努める」と述べた。(編集担当:浅野和孝

【関連記事・情報】
世界最強の通貨「円」、中国経済にも悪影響(2011/07/28)
じわじわ減速する中国経済、マクロ政策大きなヤマ場(2011/09/02)
人民元は5年内に自由化、国際決済通貨になる=人民銀委員(2011/09/28)
「中国経済ハード・ランディング」は心配し過ぎ―米エコノミスト(2011/10/05)
中国貿易に世界から逆風、輸出突出すれば貿易摩擦も(2011/10/14)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。