中国の対外金融資産4.6兆ドルに増加、準備資産が71%

2011年10月21日 12時48分 (2011年10月24日 00時12分 更新)
 <中国証券報>国家外貨管理局はこのほど、2011年6月まで国際投資ポジション(IIP)の統計データを発表した。6月末時点の中国の対外金融資産は4兆6152億ドル、対外金融負債は2兆6301億ドル、対外金融純資産は1兆9851億ドルだった。20日付中国証券報が伝えた。

 対外金融資産のうち、対外直接投資が全体の7%を占める3291億ドル、証券投資が同6%の2604億ドル、その他の投資が同16%の7551億ドル、準備資産は同71%の3兆2706億ドルだった。

 また対外金融負債のうち、海外からの対中直接投資が全体の60%を占める1兆5838億ドル、証券投資が同9%の2309億ドル、その他の投資が同31%の8154億ドルだった。(編集担当:浅野和孝

【関連記事・情報】
世界最強の通貨「円」、中国経済にも悪影響(2011/07/28)
じわじわ減速する中国経済、マクロ政策大きなヤマ場(2011/09/02)
人民元は5年内に自由化、国際決済通貨になる=人民銀委員(2011/09/28)
「中国経済ハード・ランディング」は心配し過ぎ―米エコノミスト(2011/10/05)
中国貿易に世界から逆風、輸出突出すれば貿易摩擦も(2011/10/14)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。