野田佳彦首相の恐るべき発言=中国は日本を警戒せよ、南京大虐殺を忘れるな―中国紙

2011年10月23日 12時08分

8月16日、貴陽市。抗日戦争戦没兵士記念壁の除幕式。(Record China)

[拡大写真]

2011年10月、国際先駆導報は、ジャーナリスト・汪嘉波(ワン・ジャーボー)氏のコラム「中国は日本以上に『戦を忘れれば必ず危うし』を胸に刻め」を掲載した。

【その他の写真】

中国メディアの報道によると、16日に航空自衛隊観閲式に出席した野田佳彦首相は、中国の古典から「天下雖安、忘戦必危」(天下平安といえども、戦を忘れれば必ず危うし」との語句を引用して、訓示したという。この発言は世界を震撼させるものとなった。

日本は侵略の歴史がありながら、一貫して謝罪しない国家である。このような国を隣国に持つ中国は、日本以上に「戦を忘れ」てはならない。野田首相の発言は、中国が独りよがりに日中友好を唱えているだけではいけない、ということを明らかにするものとなった。

もちろん日中友好を願ってはいる。だが同時に日本の侵略の罪を、731部隊の残酷さを、南京大虐殺の血なまぐささを忘れてはならない。われわれは中国を発展させ、軍備を増強しなければならない。「落ちぶれれば殴られる」というルールを忘れてはならないのだ。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
北京の「空気の質」が警戒レベル超え、米大使館が独自観測=中国当局は「軽度の汚染」―香港紙
不動産買いあさる“チャイナ・マネー”、米国は歓迎しつつも警戒強める―中国紙
中国船が「離於島」付近に頻繁に出現、「警戒が必要」―韓国メディア
「日本人は中国を恐れ警戒している」深まる日中両国国民の感情的対立―中国メディア
中国企業にまとわりつく政治の影=海外進出加速に広がる警戒感―英紙

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。