<レコチャ広場>何故中国人は道徳心を喪失したのか?少女の死を機に議論―中国

2011年10月26日 16時36分

2歳の少女がひき逃げ事故に遭い、しかも通行人が誰一人助けようとしなかったという事件が起きた。事件を機になぜ中国人が道徳を失ったのか、考える動きが広がっている。写真は武漢市。道徳、誠実さの重要性を訴える街頭の公共広告。(Record China)

[拡大写真]

2011年10月13日、広東省仏山市で、2歳の少女がひき逃げ事故に遭い、しかも通行人が誰一人助けようとしなかったという事件が起きた。

【その他の写真】

残飯を食用油に加工する下水油や学校の手抜き工事などの事件が起きるたび、「なぜ中国社会からモラルが失われてしまったのか」が話題となるが、今回の事件もまた同様の問題を中国社会に投げかけている。26日、網易ブログのエントリー「中国人が道徳、誠実さを欠く5つの原因」もこの問題を考察している。

その五つの原因とは「法治の欠如」「憲法、法律が機能していないこと」「政治リーダーが誠実さを欠いていること」「伝統的メディアとその記者が権力におもねり、真実を追究しないこと」「教育の政治化」。これらの原因を取り除かないかぎり、中国社会の道徳は回復しないと主張している。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
<高速鉄道脱線事故>中国共産党に残された時間は長くない、揺らぐ政府の信頼性―米大学教授
90周年を迎えた中国共産党=時代に適応する力はあるのか?―中国
<世論調査>80%が「中国社会の道徳は後退した」と回答=少女ひき逃げ放置事件―中国
<続報>ひき逃げ放置の2歳女児、ついに命尽きる―広東省仏山市
根底にあるのは道徳心の欠如?法制度の不備?=少女ひき逃げ・放置事件で論議―中国

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。