【中証視点】中国の銀行経営者の7割、不動産引き締め策を憂慮

2011年10月27日 11時29分 (2011年10月30日 00時12分 更新)

中国銀行業協会が26日発表した「中国銀行家調査報告(2011年)」で、銀行経営者の半数以上を占める54.9%が所在地の不動産販売量が減少する可能性を認識しており、また7割が「不動産価格は再び上昇することはなく、不動産市場の大幅な調整が銀行にとっての大きなリスクだ」と考えていることが分かった。地方政府の投融資会社「地方融資平台」向け融資については、デフォルト(債務不履行)リスクに対する銀行経営者の懸念はそれほど強くないものの、7割が「地方融資平台」を厳格にコントロールするか、あるいは規模を縮小させるべきだとの認識を示した。(サーチナ&CNSPHOTO)

[拡大写真]

 <中国証券報>中国銀行業協会が26日発表した「中国銀行家調査報告(2011年)」で、銀行経営者の半数以上を占める54.9%が所在地の不動産販売量が減少する可能性を認識しており、また7割が「不動産価格は再び上昇することはなく、不動産市場の大幅な調整が銀行にとっての大きなリスクだ」と考えていることが分かった。地方政府の投融資会社「地方融資平台」向け融資については、デフォルト(債務不履行)リスクに対する銀行経営者の懸念はそれほど強くないものの、7割が「地方融資平台」を厳格にコントロールするか、あるいは規模を縮小させるべきだとの認識を示した。

◆不動産価格下落をリスクと認識

 2011年の不動産開発投資に関する質問では、銀行経営者の65%が「安定を維持する」と回答し、「活発傾向にある」は7.9%、「冷え込みつつある」は15.3%、「不確定性がある」は11.2%といずれも高い比率ではなかった。

 地域別にみると、東部が不動産引き締め策によって受ける影響が比較的大きく、23.9%が「不動産開発投資は冷え込みつつある」と回答し、中部の比率を18.2ポイント、西部を15.9ポイント、東北を11.6ポイントそれぞれ上回った。一方で「活発傾向にある」との回答は3.6%にとどまり、中部を14.3ポイント、西部を4.4ポイント、東北を5ポイントずつ下回った。

 7割の銀行経営者が「不動産市場の大幅な調整が銀行にとっての主要なリスクだ」と回答。不動産引き締め策の集中的な実施が、不動産市場の不確定性を増させているとの認識を示した。不動産業はすそ野が広く、大幅な調整が表れれば、銀行業に大きなリスクをもたらしかねないとみている。

 「地方融資平台向け融資のリスクが目立つ」と回答した人は約6割。70.4%が「その主要リスクは地方政府の財力と債務の規模の不釣り合いが債務超過による代償性リスクを作り出したことだ」と認識を示した。また、地方融資平台の滞留的なリスクや、政策的なリスク、財務リスク、法的リスクも銀行経営者の注目を普遍的に集めた。

◆地方融資平台の調整、銀行経営への影響は小さい

 地方融資平台について、銀行経営者の46%が「今年の規模を厳格にコントールすべき」と回答、26%が「地方融資平台向け融資の規模を適度に減らす準備をしている」と答えた。

 地方融資平台の債務に対する銀行経営者の注目度は比較的高かったものの、38.4%が「地方融資平台の引き締め政策が銀行経営にはっきりとしたストレスを与えない」と答えた。

 国家発展研究センター金融研究所の巴曙松副所長によると、監督当局が銀行の地方融資平台向け融資に対する窓口指導を一貫して行っている上、銀行も十分な引き当てを行い、キャッシュフローも十分なので、地方融資平台向け融資に対して銀行経営者が持つリスク懸念はそれほど強いものではない。

 だが調査では、40.5%が、融資停止に伴う地方の公共工事の中断が銀行融資のクオリティにマイナスの影響を与えることに懸念を示した。多くの銀行経営者が、「融資の停止が原因で正常な資金回転が不能となり、不良債権化する地方融資平台が出る可能性があり、地方融資平台の調整においては、その正常な運行を確保することを同時に考慮しなければならない」との考えを示した。

 中国銀行業監督管理委員会の周慕冰副主席はこのほど公の場で、不合理な返済期限が定められた現有の融資に対しては、担保の差し押さえと、契約の追加修正を着実に行ったことを条件に、キャッシュフローと元本償還・利息払いの実際の状況に基づき、返済期限を延長するか、もしくはリファイナンスを許可する方針を明らかにした。

 中国の銀行業では、中国人民銀行(中央銀行)が数回にわたって預金準備率を引き上げ、また監督当局が銀行の預貸比率に強制的な規制を設けたことで、預金獲得競争が厳しくなっており、負債管理が経営における最優先の課題になっている。調査では2011年における最も大きな経営上の課題について、8割を超える銀行経営者が「預金確保の圧力の拡大」を挙げた。資産運用業務の拡大や、高付加価値サービスの展開など業務革新を通じて債務構造の改善に動き出す銀行が相次いでいる。(編集担当:浅野和孝

【関連記事・情報】
世界最強の通貨「円」、中国経済にも悪影響(2011/07/28)
じわじわ減速する中国経済、マクロ政策大きなヤマ場(2011/09/02)
人民元は5年内に自由化、国際決済通貨になる=人民銀委員(2011/09/28)
「中国経済ハード・ランディング」は心配し過ぎ―米エコノミスト(2011/10/05)
中国貿易に世界から逆風、輸出突出すれば貿易摩擦も(2011/10/14)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。