深夜に購買希望者が殺到!超お買い得マンション、値下げの理由は?―上海市

2011年10月28日 08時05分 (2011年10月30日 00時17分 更新)

25日午後11時、上海市のあるマンションで400物件が一斉に売りに出され、深夜だというのに1000人もの購入希望者が行列して殺到した。(Record China)

[拡大写真]

2011年10月25日午後11時、上海市のあるマンションで400物件が一斉に売りに出され、深夜だというのに1000人もの購入希望者が行列して殺到した。チャイナフォトプレスの報道。

【その他の写真】

もともと1平米あたり2万3500元(約28万円)で売り出していたこの物件。1000人が殺到した理由は、1平米あたり6000元(約7万円)という大幅な減額によるもの。販売するのは不動産開発業者ではなく、ある不動産売買サイトだという。

これだけの値下げを実現できたのは、近ごろ流行りの“共同購入サービス”を不動産物件に導入したため。しかし、マンションの所在地である上海市浦東新区の不動産管理処では、ただちにこの販売行為を禁じた。しかしそれも焼け石に水。販売行為は水面下で続けられたという。(翻訳・編集/愛玉)

【関連記事】
“値引き”好む中国人、共同購入型クーポンサイトが急速に浸透―仏メディア
共同購入サイト、「値切り文化」の中国で大流行―米メディア
2010年の「10大ネットサービス」、共同購入、マイクロブログが上位に―中国
中国の高すぎる不動産価格、全世界の笑いものに―中国メディア
中国投資家に再び海外不動産購入ブーム、各国で値上がり招く―相次ぐ中国国内の不動産抑制策で

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。