日中関係は全体的には、改善と発展の方向に=中国外交部

2011年10月28日 13時02分
 中国外交部の姜瑜報道官は27日、北京での定例記者会見で「中国政府は日本の玄葉光一郎外相が時機を見て訪中することを歓迎する。両国の戦略互恵関係が持続的、かつ健全に、そして安定して発展していくことを望む」との姿勢を示した。中国国際放送局が報じた。

 姜瑜報道官はこの中で、両国が玄葉外相の訪中について調整していることを明らかにし、「今年から、日中関係は全体的には、改善と発展の方向にある。さらに、日本の新内閣が発足してから、双方は日中戦略互恵関係を引き続き推進していくことで共同の認識に達している。中国政府は日中関係を非常に重視していおり、日本の新内閣および各界と共に、各分野各レベルでの対話や交流と協力を強化し、両国の戦略互恵関係の持続的で健全かつ安定した発展を推進していきたい」と述べた。(編集担当:村山健二

【関連記事・情報】
日中関係を発展させることが重要=丹羽大使(2011/10/20)
尖閣は応酬、日中外相、首相の年内訪中で合意(2011/09/23)
漁船衝突から1年、日本の政治的雲行きが日中関係を阻害=中国(2011/09/08)
首相交代は日中関係の方向性に影響せず=中国人有識者(2011/08/30)
日中関係はどのような大局観を持つべきか?=中国人有識者(2011/08/28)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。