中国、身分証登録で指紋情報の登録を義務付け

2011年10月30日 12時55分
 中国の立法機関である全国人民代表大会常務委員会は29日、住民身分証改正案を可決し、住民身分証を受領(じゅりょう)、交換または再受領する際、指紋情報の登録が義務付けられる。中国国際放送局が報じた。

 市民の指紋などの個人情報の漏れを防止するため、改正後の住民身分証法は「国家機関または金融、電信、交通、教育、医療などの関係者が、職務を果たし、またはサービスを提供する過程で獲得した住民身分証に登録された市民の個人情報を漏えいし、犯罪行為となる場合、法によってその刑事的責任を追及する」と定めた。(編集担当:村山健二

【関連記事・情報】
ネットに批判殺到、中国、「全国民の指紋収集」検討(2011/10/25)
中国が国民の身分証カードに指紋情報を追加へ(2011/10/25)
中国、身分証に“指紋”情報追加、偽造防止、管理徹底の案(2011/10/25)
波導:中国科学院が共同で指紋識別携帯の開発(2005/02/01)
中国が最小型指紋識別システムを研究開発(2000/04/21)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。