X JAPAN上海公演実現、YOSHIKIが涙―中国メディア

2011年10月31日 10時32分
 日本のロックバンド、X JAPANが30日夜、上海でコンサートを開始した。新民網はコンサートの様子を伝えた。

 コンサートは、リーダーYOSHIKIのドラムソロでスタート。新メンバーSUGIZOも参加してのセッションの後、YOSHIKIが中国語で挨拶した。そして「We are」と掛け声を挙げると観客は「X」と呼応、会場は一気にヒートアップした。

 コンサートではこれまでの代表作のほかに、新曲も披露した。さらに、YOSHIKIがテレサ・テンの「但願人長久」をピアノ独奏すると、観客席から大合唱が巻き起こった。YOSHIKIはその後赤いチャイナドレスに着替えてパンダのぬいぐるみを抱えて登場、「中華料理が好きだ」と中国への思いを語った。

 デビュー以来初の中国公演となった上海コンサート。開催予定だった北京公園が直前キャンセルとなったこともあり、上海にかける思いは一段と強かったはずだ。YOSHIKIはコンサート終了が近づくと「ここに立っているのが夢のようです。この日のためにずいぶん待ちましたが、ついに夢がかないました」と英語で語った。さらに、この世を去ったHIDEとTAIJIに話が及ぶと、涙を流しながら「みんなの支えがあったからロックを続けてこられた。本当にありがとう」とファンに感謝のメッセージを送った。

 最後は名曲「Forever Love」で締めくくり、中国初のコンサートは閉幕した。(編集担当:柳川俊之

【関連記事・情報】
【韓流】X JAPAN、『アリラン』演奏で1万1千人の韓国ファン「感動」(2011/10/30)
【韓国ブログ】X JAPAN韓国初公演、Xジャンプに感動した!(2011/10/30)
X JAPANの「韓服」「韓国民謡」ファンサービスが話題=韓国(2011/10/30)
X JAPANの韓国初公演が大成功「韓国のファンを熱狂」=韓国(2011/10/29)
X JAPAN北京公演中止に落胆…「アジアツアーに影」=中国(2011/10/26)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。