中国人の幸福度調査、約4割が「幸せでない」

2011年11月5日 12時08分 (2011年11月10日 00時12分 更新)
 中国国内の雑誌社と清華大学が合同実施した「中国人の幸福度調査」の結果が4日午後発表され、全体の約6割が「幸福である」と回答したことが明らかになった。環球時報が伝えた。

 この調査は中国共産党系雑誌『小康』と清華大学メディア調査実験室が合同で行ったもの。調査は全国287都市に住む、農民、会社員、公務員、企業や国家機関幹部など20―60歳の男女が対象となった。

 「とても幸福」「やや幸福」が全体の60.2%を占めた。一方、約4割が幸福を感じていないことも浮き彫りとなった。職業別では企業幹部が最も多く、政府機関幹部が続いたが、一般公務員の幸福感は高くなく、個人労働者をも下回った。

 「最も幸福感に悪影響を及ぼす社会的要素はなにか」との質問では、「社会保障システムの不十分さ」が25.6%と最も多く、「社会モデル転換によるストレス増」が3位となった。「幸福感を高める要素」では、「賃金上昇、住宅価格下落、医療保険レベル工場、医療衛生サービス改善、都市環境改善」が上位に登場し、公共サービスが人々の幸福を左右する主要因となっていることが分かった。(編集担当:柳川俊之

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。