<レコチャ広場>富裕層が中国を見捨てる=無理に引き留めては逆効果だ―中国

2011年11月6日 08時20分 (2011年11月8日 00時17分 更新)

10月、南京市の不動産取引会。米国、豪州の物件も出展された。(Record China)

[拡大写真]

2011年11月4日、鳳凰ブログに「中国社会エリートの移民を引き留めるな、むしろ便宜を図れ」と題した記事が掲載された。

【その他の写真】

中国富裕層の約半数が海外移民を考えている。先日、この衝撃的な調査結果が報じられ、話題となっている。国の富を守るため移民を制限するべきという声も上がっているが、記事はこうした世論を真っ向から批判している。

中国エリートの移民。その理由は子どもの教育のため、社会に不安を感じるため、よりよい投資環境を求めてという3点が主な理由となっている。実は移民が増えているのは中国だけの問題ではない。グローバル化の必然である。

努力した結果富を築いた富裕層の移民はなんら責められるべきではない。問題は詐欺的ビジネスや汚職で財をなした輩(やから)であり、これは移民とは別に取り締まるべきだ。必要なのは移民を制限するようなやり方ではない。中国国内の環境を整備し、富裕層の仕事や生活に便利な国とすることなのだ。果たして中国は改革し、富裕層を呼び戻すことはできるのだろうか?(翻訳・編集/KT)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。