中国人の不動産購入、1年で2万3000戸以上―米国

2011年11月6日 09時10分

4日、11年3月までの1年間に中国人が米国で購入した不動産戸数が2万3000戸以上と推計されることが分かった。写真はロサンゼルス。(Record China)

[拡大写真]

2011年11月4日、全米不動産業者協会(NAR)の発表によると、11年3月までの1年間に中国人が米国で購入した不動産戸数が2万3000戸以上と推計されることが分かった。中国人による不動産投資額は、同期間中の外国人による不動産投資額のうちで2番目に多く、投資額全体の約9%を占めている。揚子晩報が伝えた。

【その他の写真】

NARのデータによると、同期間中の外国人による米国不動産への投資総額は前年比160億ドル増の820億ドルに上った。投資額の多い国は、カナダ、中国、インド、メキシコ、英国の順で、そのうち中国の投資額が全体に占める割合は、07年の5%から9%へと急増し、投資額は73億8000万ドルに達している。中国人の不動産購入は、その多くが現金一括払いだという。

外国人が好んで不動産を購入する4大エリアは、フロリダ州(31%)、カリフォルニア州(12%)、テキサス州(9%)、アリゾナ州(6%)で、中国人の購入の約70%がカリフォルニア州ロサンゼルスに集中している。NRAの責任者は、中国人がロサンゼルスやニューヨーク、マイアミなどの大都市を好むのは、チャイナタウンの存在や過ごしやすい気候、発達した経済などによるものだと分析している。

一方、外国人による米国不動産の購入は、「長期の居住」(37%)、「レジャー用」(28%)、「住宅として賃貸」(16%)、「テナントとして賃貸」(4%)が4大目的となっている。このうち、中国人の投資理由の圧倒的な割合を占めるのは「長期の居住」だという。(翻訳・編集/HA)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。