北京で中古住宅仲介業1000社が続々倒産、住宅販売不振で

2011年11月8日 16時19分
 2011年以降、10カ月ほどで北京市の中古住宅仲介業者が1000社倒産していることが分かった。そのうち、同年10月の1カ月間だけで177社が倒産。毎月100社以上が続々と倒産している。中国メディアが報じた。

 中国政府による住宅価格抑制策が浸透していくに伴い、北京市や上海市など大都市を中心に、住宅物件が売れない状況に陥っている。10月、北京市の住宅取引件数は1万2760件で、前年同月と比べて4割近く減少している。

 北京中原地産の統計によれば、2011年9―10月の住宅販売制約数は2万7000件前後、これは前年同期比40%減、2009年同期と比べると60%減。中古物件に関しても同様で、10月の取引は前年同月と比べて半減している。

 6000社あるといわれる北京市の中古住宅仲介業者だが、2010年、北京市の中古物件取引件数は21万4000件に達した。一業者あたり36件という計算になる。取引件数が急減していることによって、倒産する業者が急増している。

 現地関係者によれば、北京市の中古物件取引は、業界トップ7社が、市場全体の50%のシェアを占める寡占状態。それ以外の中小企業が生き残るためには、どちらにしろ業界全体が活況でなければならない構造だ。「当面、市場が活気を取り戻すことは期待できない。力のない零細・中小から順次倒産していく状況も続くと思われる」(同現地関係者)という。(編集担当:鈴木義純)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。