ムーディーズ、中国の格付け「条件次第で引き上げを検討」

2011年11月9日 13時11分
 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスのシニアバイスプレジデントであるトム・バーン氏は北京で8日、もし中国が地方政府債務をコントロールでき、金融業の安定を維持し、経済成長モデルで再度の均衡を維持し、相対的な強い成長率を実現できれば、中国の格付けを現在のAa3から、さらに引き上げる可能性があるとの見通しを示した。経済参考報などが報じた。(編集担当:鈴木義純)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。