LEDテレビ販売が絶好調、中国量販店がシャープなどに大量発注

2011年11月11日 11時03分 (2011年11月14日 00時12分 更新)
 <中国証券報>中国電子商会などが発表した「2011―2012中国カラーテレビ消費すう勢報告」によれば、11年1―10月の国内のLED液晶テレビ販売台数は49%増と好調で、通年では1800万台を超える見通しであることが明らかになった。10日付中国証券報が伝えた。

 報告書によれば、特に好調なのは3Dテレビやインタラクティブテレビといったハイエンド製品で、3Dテレビは発売から2年あまりで160以上のモデルが登場し市場が急速に拡大。画面の大型化に伴い販売台数も増加傾向にあるほか、12年にはインタラクティブテレビの販売台数が800万台に達する見通しだ。
 
 また国内メーカーが09年に初めてインターネット機能を持つテレビを発売してから3年が経ち、現在ではおよそ半数のカラーテレビが同機能を搭載する。国美電器ではテレビ販売台数の51%をインターネット機能を持つ機種が占めており、12年にはこの割合がさらに増えると予想する。

 都市部では今後1年以内にLED液晶テレビが一般的な液晶テレビに取って代わるとの見方も強く、市場の拡大を見越して国美電器、永楽電器、大中電器などの大型家電量販店は合同で、シャープや創維(スカイワース)など国内外の大手テレビメーカー14社に対し総額536億元に上る大口注文を行っている。(編集担当:浅野和孝

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。