<中華経済>自動車メーカー、7-9月期は利益半減、一部は赤字―中国

2011年11月14日 17時37分
2011年11月14日、今年第3四半期(7-9月)決算を発表した中国自動車メーカーの多くは、純利益が前年同期比で50%以上減少したことが分かった。国内の新車販売市場が調整期に入る中、一年で最も自動車が売れると言われる9月も販売が上向かなかった。新快報が伝えた。

長安汽車、一汽轎車、広汽長豊汽車などは赤字決算となった。うち長安汽車は純損益が1億4200万元の赤字に転落し、中国自動車メーカーの中で赤字幅最大。小型車の販売減少を業績悪化の理由として説明した。一汽轎車は4900万元の赤字となり、1-9月では純利益が前年同期比約5割減少した。通年は50-80%の減益となる見通しを明らかにしている。

アナリストによると、一連の購入補助政策の終了がメーカーの販売に大きく影響した上、人民元高や金利の上昇が生産コストを膨らませた。人件費の上昇も続いており、中国メーカーを取り巻く市場環境は厳しさを増している。民族系ブランドメーカーの間では、国内事業の赤字が普遍的に広がった。(翻訳・編集/JX)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。