中国政府「河北省沿海部」開発を指示、北京の産業移転の受け皿に

2011年11月14日 11時12分 (2011年11月17日 00時12分 更新)
 <中国証券報>2011年11月10日までに、国務院が「河北沿海地区発展計画」を批准したことが明らかになった。国家が進める地域発展戦略の一環として東部地域の経済発展を優先し、国内経済全体の成長をけん引する。11日付中国証券報が伝えた。

 発展計画では、環渤海地域を戦略的成長エリアとし、北京市と天津市の都市機能と産業移転の重要な受け皿と指定。さらに新型工業の重要な発展拠点とし、経済開放と協力の中心地と位置づけた。
  
 また河北沿海地区の発展目標について、15年までに総合力を養い、環渤海地域を新たな成長拠点として整備した上で、20年には地域の発展水準をさらに引き上げ、全国トップレベルの総合力をつけると定めている。(編集担当:浅野和孝

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。